2007年09月01日

女神大橋

megamiohhasi.jpg古の時代から数々の外国船が入港し、異文化を受け入れてきた長崎。

その玄関口である長崎港に長崎市戸町と木鉢町を結ぶ全長800mの女神大橋が平成17年(2005)12月に開通した。塔からケーブルで橋をつり下げる斜張橋としては、横浜ベイブリッジを抜いて国内で6番目の長さ、また65mもある海面からの高さは日本一を誇る。

大きな翼を優雅に広げ、長崎港に溶けこむ美しく都会的なフォルムから愛称を"ヴィーナス・ウィング"といい、長崎が未来に向けて力強く飛翔するようにとの思いが込められている。

また女神大橋には、両側にそれぞれ3mの歩道があり歩いて渡ることもできる。港を中心とした長崎の街並みをこれまでと違った角度から楽しめ、長崎港を360度見渡せる景色は絶景である。

鶴の港として親しまれてきた長崎港のランドマークとして長崎の風景に華をそえ、新たな魅力を加えている。

・料金情報:車両通行料 普通車100円 大型車150円 特大車300円 原付・自転車10円
・徒歩通行料 無料
・駐車場:あり
・アクセス:JR長崎本線長崎駅より車で約20分
・住所:長崎市木鉢町〜戸町
・電話番号:095-823-2600
・URL:長崎県道路公社

posted by slowlife | 海を望む丘

どんどん坂

dondonsaka.jpg居留地の風情が色濃く残る南山手の静かな住宅地にある坂道。通りの道筋には数件の今も現役の洋館が現存している。

古い石畳の脇には三角の形をした三角溝と呼ばれる溝があり、水流の速さを調節するために溝の形が上と下とで違うところがおもしろく、またそれが名前の由来となっている。

雨が降るとドンドン音をたてて流れるから通称・どんどん坂。雨のどんどん坂は長崎の異国情緒を代表する風景だ。

・アクセス:大浦天主堂下電停(バス停)から徒歩約10分。
・路面電車/長崎駅前電停から正覚寺下行きに乗車し、築町電停でのりつぎ券をもらい下車。石橋行きにのりつぎ大浦天主堂下電停まで約15分。
・長崎バス/長崎駅前東口バス停から田上、大平橋行きに乗車し、大浦天主堂下バス停まで約25分。
・車/長崎駅前から約10分。
・住所:長崎市南山手町
posted by slowlife | 海を望む丘

鍋冠山公園

tenboudai.jpgグラバー園の背後、海抜169mの鍋冠山にある公園。園内の展望台からは長崎港、稲佐山、市街地、東山手の町並みが一望でき、地元では絶景、夜景が楽しめるデートスポットとして親しまれている。

長崎の夜景といえば1000万ドルと称される稲佐山公園からの夜景が有名だが、稲佐山の正面にあたるこの公園からの長崎港を取り巻く光も美しい。ぜひ観光客にもおすすめしたい絶景スポットだ。

・駐車場:14台
・アクセス:石橋電停(バス停)から徒歩2分のグラバースカイロードを利用して徒歩約15分。
・路面電車/長崎駅前電停から正覚寺下行きに乗車し、築町電停でのりつぎ券をもらい下車。石橋行きにのりつぎ終点・石橋電停まで約17分。
・長崎バス/長崎駅前東口バス停から田上、大平橋行きに乗車し、石橋バス停まで約27分。
・車/長崎駅前から約15分。
・住所:長崎市出雲町
・電話番号備考:長崎市みどりの課
・電話番号:095-829-1171

posted by slowlife | 海を望む丘

大浦国際墓地

ouraboti.jpg外国人居留地から当時唯一の国際墓地だった稲佐悟真寺国際墓地まで船で遺体を運ぶのが不便だったため、居留地であった南山手、東山手から程近い川上町の丘に文久元年(1861)に開かれた国際墓地。

ここに埋葬された人々の多くは、この町の長期居留者ではなく、航海中または港内停泊中に世を去った船員達が圧倒的に多いため、水兵さんの証である錨の意匠が多く見られる。

また、ほかにも事故や自殺、病死など遥か異国の地に来て母国へ帰ることもなく亡くなった多くの人々が眠っている。

・開館時間:8:00〜18:00
・駐車場:なし
・アクセス:石橋電停から徒歩約10分。川上町バス停から徒歩4分。
・路面電車/長崎駅前電停から正覚寺下行きに乗車し、築町電停でのりつぎ券をもらい下車。石橋行きにのりつぎ石橋電停まで約17分。
・長崎バス/長崎駅前東口バス停から田上、大平橋行きに乗車し、川上町バス停まで約30分。
・車/長崎駅前から約10分。
・住所:長崎市川上町
posted by slowlife | 海を望む丘

南山手レストハウス(旧清水氏住宅)

resthouse.jpg元治元年(1864)から慶応元年(1865)の幕末に建造。設計・施工者は不明。外国人居留地初期における住宅の特徴である石造の外壁で、グラバー園内の重要文化財3棟には見られない石柱と木柱が併用された造りとなっている。

グラバー園に隣接するこの建物は復元され、平成15年(2003)5月から観光客が気軽に休憩できるレストハウスとして一般公開されている。

表門からは大浦天主堂と長崎港が重なる美しい景色が堪能でき、館内では長崎の古写真、歴史に関するビデオを見ることができる。

・入館料:無料
・休館日:12月29日〜1月3日
・開館時間:9:00〜17:00
・駐車場:なし
・アクセス:大浦天主堂下電停(バス停)から徒歩約15分。
石橋電停(バス停)からグラバースカイロードを利用して徒歩5分。
・路面電車/長崎駅前電停から正覚寺下行きに乗車し、築町電停でのりつぎ券をもらい下車。石橋行きにのりつぎ大浦天主堂下電停まで約15分。石橋電停まで約17分。
・長崎バス/長崎駅前東口バス停から田上、大平橋行きに乗車し、大浦天主堂下バス停まで約25分。石橋電停まで約27分。
・車/長崎駅前から大浦天主堂下電停まで約8分。石橋電停まで車で約9分。
・住所:長崎市南山手町7-5
・電話番号:095-829-2896

posted by slowlife | 海を望む丘
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。